メンタルケア心理士テキストで評判の講座はどれ?

↓↓↓メンタルケア心理士の資格が取れるヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑

まずは心理カウンセラーについて知る

 

メンタルケア心理士はストレス社会で働く今の現代社会にとても必要とされている資格の1つです。そのため、今や多くの人が取得しておきたい資格として人気です。
ですが、人気で需要のある資格であるため、合格率が低い資格でもあります。
そんな人気のある、仕事に役立つ資格、メンタルケア心理士の試験に合格するためにはテキストが合格の分かれ道になります。
メンタルケア心理士の通信講座にはさまざまな種類があります。どの講座を迷っているという方も多いかと思います。
そこで、メンタルケア心理士の試験に合格するために、わかりやすいテキストと評判の講座があるので、ご紹介していきたいと思います。
ぜひメンタルケア心理士に興味がある、合格したいという方は参考にしてください。

 

そもそもメンタルケア心理士ってどんな資格?

 

心の健康アドバイザーである、今注目の資格、メンタルケア心理士ですが、どういった資格なのでしょうか。
メンタル心理士とは、相談援助の知識を持った心の健康アドバイザーです。
一般的に知られているカウンセリング技術だけでなく、身体と心の密接な関係について学ぶ必要があります。
したがって、神経系や脳、身体と神経症、精神症状とその関係性について、また精神疾患に使用される薬剤についての知識も必要となる、かなり専門的な資格になります。
このメンタルケア心理士の資格を持てば、幅広い知識が習得することができ、多角的な観察眼を生かして心理カウンセリングを行うことができます。
しかし、解剖生理学、精神医科学、カウンセリング技法といったさまざまな分野の勉強が必要であり、医療の知識が問われる資格です。
そのため、メンタルケア心理士の合格率というのは毎年40%前後で、難易度の高い資格といえるでしょう。

 

どんな人でもメンタルケア心理士は受験できる?

 

メンタルケア心理士の受験資格は、メンタルケア学術学会指定教育機関においてメンタルケア心理士講座を受講した方です。
したがって、メンタルケア心理士の認定通信講座を受講していればだれでも受験することができます。
メンタルケア心理士の資格を取得することで、医療福祉の現場だけでなく、一般企業などでもメンタルケアの技術を活かすことができます。独立開業している方もいます。

 

メンタルケア心理士で合格率をアップさせるには?

 

メンタルケア心理士はストレス社会ではとても需要のある資格ですが、一般的カウンセリングとは異なり、身体と神経症状がどういった関係があるのか、身体についての勉強についても必要です。
もちろん、体だけではなく、精神的なことや、精神疾患などについても勉強が必要です。
例えばメンタルケア心理士の資格取得に必要な分野として、精神解剖学があります。
この精神解剖学は、人の体がどのような物質でできているのか、どのような器官があるのか、といったことを学んでいきます。体と精神には深い関わりがあるので、まず体にはどんな臓器があるのかを学んでいく必要があります。そして体の仕組みについて学んだあとに、どうして精神的な症状が現れるのかを学びます。精神医科学という分野では、うつ病など精神疾患にはどんなものがあるのか、また精神疾患の治療に使われる薬にはどういったものがあるのかを学んでいきます。そして、こういった必要な知識をすべて理解したうえで、メンタルケア心理士の仕事のメインである、カウンセリング技法について学んでいきます。
メンタルケア心理士の試験に合格するには、こういった様々な分野の知識や技法が問われます。これを読んでいるだけでも意味がわからないとビックリしてしまう方もいるかもしれません。特に解剖学や薬剤に関する基礎知識に関しては今まで聞いたことがない言葉ばかりで、専門性の高い知識なので、学ぶのがとても大変です。
そのため、メンタルケア心理士の合格率は40%前後で、比較的低い合格率となっています。
メンタルケア心理士の試験の合格率をアップさせるには、普段なかなか勉強することがない医療の分野をいかに理解するかが大切です。
でも、そんな難しい解剖や薬剤の知識をどうやったらきちんと理解することができるのでしょうか。合格率を左右するポイント、それは「テキスト」です。
難しい分野をしっかりと理解するには、分かりやすいテキストが欠かせません。
看護師や医療系の大学を卒業していれば、解剖学や薬剤の知識に関しては理解しやすいですが、医療系の勉強を全くしていない方には、いきなり知識ゼロで英語をまずは文字から覚えていくのと同じで、基礎の基礎から学んでいかなくてはいけません。
ですので、メンタルケア心理士の試験に合格するには、医療の知識が全くない人でも分かりやすいテキストがポイントになります。
そのため、テキストが全く理解できないと、合格はかなり難しくなります。
テキストのわかりやすさは合格率と直結しているといっても過言ではないでしょう。

 

テキストのわかりやすさと合格率

 

メンタルケア心理士のテキストといっても通信講座によって非常にさまざまです。
ただ単に用語が解説されているだけだと、丸暗記だけで理解がとても難しいです。
また、通信講座は授業のDVDと一緒になっているので、あとで復習するときに見直しやすいかどうか、ということもメンタルケア心理士の試験に合格するには大切です。
つまりテキストがあとで見返したときにわかりやすい、例えばここは試験によく出るポイント!わかりにくい言葉をわかりやすく解説しているかどうかといったことが重要です。
また、メンタルケア心理士の分野はとても広いので試験直前には、すべての分野を見直す必要があります。受講したときは理解していても、直前の見直しのときには忘れていることもあります。そういったことを考慮して、直前に見直すときにポイントだけ絞って勉強をするのが合格の分かれ道になるのですが、自分でそういったポイントをまとめるのは時間がかかりますし、仕事や育児をしていたら、そういった時間がなかなかとれません。
ですので通信講座を選ぶときは、わかりやすいテキストであることはもちろん、総復習をするときに、まとめてあるテキストもついてくるかどうかが、合格のポイントとなります。
メンタルケア心理士の通信講座を選ぶときはそういったテキストのわかりやすさで選ぶといいでしょう。

 

メンタルケア心理士講座でテキストが評判な講座とは?

 

メンタルケア心理士の資格を取得するために、テキストの重要性を理解していただけたかと思います。メンタルケア心理士通信講座といってもさまざまな通信講座があります。
そのため、どのメンタルケア心理士講座のテキストが評判なのか、1つ1つ探していたら、それだけで、時間がかかってしまいます。
そこでおすすめのわかりやすいテキストとして評判な講座が、「たのまなヒューマンアカデミー」のメンタルケア心理士講座です。
たのまなヒューマンアカデミーの通信講座は、初心者でも安心して学べる、とてもわかりやすいテキストになっています。基礎からしっかりと学べるテキスト構成になっています。
テキストは「精神医科学」「精神解剖生理学」「カウンセリング基本技法」など基礎からしっかりとわかりやすく学べるものを使っています。
これらの分野を、専門書を使って学ぼうとしたら、非常に難しく、なかなか理解できず、時間が、かなりかかるので、途中であきらめてしまいます。
ですが、たのまなヒューマンアカデミーのメンタルケア心理士の通信講座テキストなら、資格取得に特に重要なポイントを選び抜いているので、短時間で効率よく学ぶことができます。しかもたまのはなヒューマンアカデミーのDVD講座とテキストが連動しているので、視覚的にも学ぶことができます。

 

たのまなヒューマンアカデミーのテキストが合格しやすい理由

 

一般的な通信講座のテキストでは、ただ解説してあるだけで、なかなか理解しづらいだけでなく、全てを学ぼうとして、効率が悪いものあります。
たのまなヒューマンアカデミーのテキストがわかりやすく、合格しやすい理由、それは「合格虎の巻」にあります。この合格虎の巻にはメンタルケア心理士の合格により近づくため、傾向と対策を盛り込んであります。基本的なテキストを試験前に見直していれは全ての分野を見直すとかなりの時間と労力がかかってしまいます。
ですが、たのまなヒューマンアカデミーのこの合格虎の巻は試験の傾向と対策のポイントがしっかりと絞ってあるので、学習の総まとめに活用できます。
また、たのまなヒューマンアカデミーのテキストの特徴として、オリジナル添削問題集があります。このオリジナル添削問題集は、レポート、補講問題、模擬試験、修了テストの全6回分で着実に知識を身につけていけます。
いきなり試験でぶっつけ本番だと、なかなか合格するのは難しいですが、分かりやすいテキストに加え、サポートもしっかりとしている問題集もあるので、たのまなヒューマンアカデミーがメンタルケア心理士の試験にとても合格しやすいということです。

 

まとめ

 

メンタルケア心理士は今や、さまざまな職種において持っておきたい人気の資格です。
ですが、仕事と勉強を両立するには、時間とわかりやすさが重要です。
しっかりと効率的にメンタルケア心理士について学ぶためにポイントとなるのが、テキストです。テキストのわかりやすさが、合格できるかどうかの分かれ道となります。試験前にすべての分野を復習ができるテキストも合格には欠かせません。
総まとめで試験の傾向と対策がしてあるまとめテキストがあるかどうかも重要となってきます。
ぜひ、難易度の高い、人気のメンタルケア心理士に合格するためには、わかりやすい評判のテキストを使っている通信講座を選ぶようにしましょう。

↓↓↓メンタルケア心理士の資格が取れるヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑